Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

廃止店舗の番号へFAXを誤送付 - 親和銀行

親和銀行は、顧客情報を含んだ書類をファックスを誤送信事故が発生したと発表した。

事故は8月31日に同行前原支店から、佐賀市内の支店へ「定期預金申込書兼印鑑票」2枚を送付する際、誤って関係ない第三者へ送付してしまったという。氏名や住所、電話番号、生年月日、勤務先など個人情報が含まれていた。

また、同行では同日、6月8日に発生した別のファックス誤送信事故が発覚した。融資企画部より「しんわカードローンダイレクト保証依頼書」を送付する際、支店ではなく部外者へ送付してしまったもの。顧客の氏名や住所、生年月日、電話番号、勤務先、年収金額が漏洩したという。

誤送信先の指摘により判明したもので、いずれの事故も、ワンタッチダイヤルボタンに登録された廃止店舗の古いファックス番号へ送信してしまったために発生した。書類については誤送信先より回収し、該当する顧客に対しても経緯を説明した上で謝罪したという。

(Security NEXT - 2005/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正