Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Webアプリからの情報漏洩を防止する「Webコンテンツ保護サービス」

NTT西日本とマイクロソフトは、ウェブコンテンツの利用を制限する「Webコンテンツ保護サービス」を9月27日より提供する。

同サービスは、ウェブシステムにおける情報の保護を目的としたもの。「Microsoft Windows Rights Management Services」を活用したもので、閲覧や保存、印刷、編集、メール転送といった動作をサーバ上で権限を設定することができる。NTT西日本では、同サービスについてシステム構築から保守まで包括的なサポートを提供する。

(Security NEXT - 2005/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
中学校で生徒情報含む資料が所在不明 - 大泉町
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など