Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共栄火災海上、2174件の保険加入者情報を紛失

共栄火災海上保険は、西関東支店長野支社において、2003年度計上分の自賠責保険申込書類の一部紛失が判明したと発表した。

同社によれば、紛失したのは2003年4月から2004年3月までの間に機械計上した自動車損害賠償責任保険の「申込書・入金通知書」、「承認請求書」、「本人確認書類」などで、氏名、住所、電話番号、車両登録番号といった個人情報2174件が記載されていた。社内調査の結果、事務所内で誤って破棄した可能性が高いとしている。

同社では、該当する顧客に対して個別に書面を送付し、事実説明と謝罪をするとしている。また、窓口を設けて顧客からの問い合わせに応じるとともに、顧客情報の管理について再度徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン