Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コニシ、メール誤送信により顧客メールアドレスが流出

コニシは、同社の「MSDS配布システム」の登録ユーザーへメール送信する際、他のユーザーからメールアドレスが確認できる状態で送付したと発表した。

同社によれば、9月15日に人為的ミスにより、BCCで送信すべきところをCCで送付してしまったという。17グループ2697件を送信したという。

メールで29件、電話で3件の苦情が寄せられたという。同社では、誤送信を行った顧客へ謝罪メールを配信した。16日現在、合計37件の苦情が寄せられた。

同社では、再発防止策として、個人情報保護方針の徹底、および社外複数アドレスへの同時送信時のBCC義務化を周知徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ