Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECネクサ、セキュリティ対応状況を無料診断するサイトを開設

NECネクサソリューションズは、情報セキュリティ対策への取り組み状況をQ&A形式で診断する「セキュリティ診断」と、被害を受けた場合の被害額を算定する「情報セキュリティ・インシデント被害額算定シミュレーション」のサイトを開設した。利用はいずれも無料。

両サイトは、同社のホームページから利用でき、無料の簡易診断を提供するもの。「セキュリティ診断」では、「セキュリティポリシー」、「システム運用(一般)」、「システム運用(情報システム部門)」の各項目別に質問を用意。選択肢から回答を選ぶだけで項目別の総合点が算出され、現在のセキュリティ対策状況が確認できる。

「被害額算定シミュレーション」では、情報セキュリティに関する被害における4つのシナリオを用意し、あらかじめ入力された社員数や業種、管理する個人情報の数、年間売り上げなどを参考に、シナリオに応じた被害額の目安を算定する。被害額はPC復旧コストや、取引先への謝罪費用など項目別に表示される。

(Security NEXT - 2005/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化