Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱証券が顧客情報紛失 - 5907名分の口座番号など

三菱証券は、顧客情報管理の強化を図るため保管状況の点検を実施したところ、「取引残高報告書(控)」の紛失が判明したと発表した。

同社によれば、紛失したのは2003年6月分の「取引残高報告書(控)」で、個人顧客5907名分の氏名、口座番号、取引内容などが記載されていた。また、1981件分の法人顧客情報も記載されていた。

同社の内部調査によれば、同書類は誤って焼却廃棄した可能性が高いという。また、資料の復元は完了しており、今後の取り引きに関して実質的な支障はないとしている。同社では、窓口を設けて問い合わせに応じるとともに、顧客情報の管理を徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定