Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京三菱銀行、顧客情報を記録したフィルムを紛失

東京三菱銀行は、顧客情報が記録されたマイクロフィルム「コムフィッシュ」を紛失したと発表した。

管理方法を見直しを実施し、全店の保管状況を調査したところ、99店において資料の紛失が明らかになったという。個人情報の件数は約5万1000件で、顧客名、口座名、預金残高など記載されていた。同社では、今回の紛失につて誤廃棄の可能性が高いとしており、漏洩の危険は低いとしている。

同行では、派遣社員が顧客の預金を着服する事件が発生しており、8月26日に金融庁から業務改善命令を受けたばかり。

同行と合併を控えているUFJ銀行も同時に顧客情報の管理状況を調査し、約7万件の紛失が明らかになっている。

(Security NEXT - 2005/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査