Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本ら、生体認証に対応したICカードシステムを提供

NTT西日本とNTTカードソリューションは、生体認証の技術と多目的ICカードを組み合わせた「バイオメトリクス対応 ICカードセキュアシステム」の提供を開始した。

同システムは、ディー・ディー・エスが提供する生体認証技術と、NTTサービスインテグレーション基盤研究所が開発したマルチアプリケーション対応ICカード「ELWISE-CARD」を組み合わせたセキュリティシステム。

同システムを導入することで、複数拠点をネットワークで結んで運用している業務システムなどにログインする際の本人認証を強化することができる。指でなぞるタイプの指紋センサーと「周波数解析法」を採用しており、乾燥指や肌荒れした指なども登録可能。

指紋情報は、各個人に配布されたICカードに格納されるため、指紋情報を格納した専用データベースや、データを暗号化した専用ネットワークなどは不要。参考価格は、クライアント100台、ユーザー100名の場合で400万円から。

(Security NEXT - 2005/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も