Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワークに対応した指紋認証入退室管理システム - NTTコムウェア

NTTコムウェアは、入退室とPC端末へのログオンを一元的に管理できる、ネットワーク対応型の指紋認証入退室管理システム「e-UBF Lock」を、9月20日より発売する。

同システムは、指紋認証ソリューション「e-UBF」を搭載した入退室管理システム。指紋認証管理サーバ「e-UBF Server」との連携で、入退室管理とPC端末管理の一元化が可能になった。ネットワークに対応しているため、管理者不在の地方拠点においても各種セキュリティ管理が行える。

入退室用指紋認証リーダーに搭載されたメモリで、最大1000人分の指紋データを保持できるため、ネットワーク障害が発生した場合でも、単体での認証処理が可能。なお、発売記念キャンペーンとして、「e-UBF Server」のインストールと設定を済ませた「IBM eサーバ・アプライアンスモデル」を限定発売する。

(Security NEXT - 2005/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市