Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、不適切な表現を伏字にする機能をメッセンジャーに追加

マイクロソフトは、MSNメッセンジャーにおいて、会話の中に乱暴な表現や不適切な表現に注意を促す「会話セーフティ機能」の体験版を提供開始した。

同機能は、メッセンジャーを使った会話の中に乱暴な表現や不適切な表現が含まれていた場合、伏字にしたり、注意を促すメッセージを送信するもの。会話ウィンドウのアプリボタンから「会話セーフティ機能」をクリックすると、プログラムが起動する。ただし、同機能を利用するには、会話の相手もプログラムの使用を承諾する必要がある。

会話の中に「おまえ」などの乱暴な言葉遣い、および「馬鹿」など相手を侮辱する言葉や、暴力、アダルト関連の放送禁止用語が入力された場合に機能する。該当する言葉を伏字にして表示するとともに、注意を促すメッセージを送信する。また、不適切な表現が繰り返し送られた場合には、会話を強制的に終了する。

(Security NEXT - 2005/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中