Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、不適切な表現を伏字にする機能をメッセンジャーに追加

マイクロソフトは、MSNメッセンジャーにおいて、会話の中に乱暴な表現や不適切な表現に注意を促す「会話セーフティ機能」の体験版を提供開始した。

同機能は、メッセンジャーを使った会話の中に乱暴な表現や不適切な表現が含まれていた場合、伏字にしたり、注意を促すメッセージを送信するもの。会話ウィンドウのアプリボタンから「会話セーフティ機能」をクリックすると、プログラムが起動する。ただし、同機能を利用するには、会話の相手もプログラムの使用を承諾する必要がある。

会話の中に「おまえ」などの乱暴な言葉遣い、および「馬鹿」など相手を侮辱する言葉や、暴力、アダルト関連の放送禁止用語が入力された場合に機能する。該当する言葉を伏字にして表示するとともに、注意を促すメッセージを送信する。また、不適切な表現が繰り返し送られた場合には、会話を強制的に終了する。

(Security NEXT - 2005/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起