Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

埼玉の福祉センター職員、車上荒らしで個人情報記載の書類を紛失

埼玉県は、8月31日に児玉福祉保健総合センター職員が車上荒らしに遭い、個人情報が記載された書類や、預かっていた通帳、キャッシュカードなどを紛失したと発表した。

同発表によれば、被害に遭ったのは母子寡婦福祉資金返還用の「納入通知書兼領収書」13名分、および「母子福祉資金償還期間・償還方法変更決定通知書」1名分で、いずれも住所や氏名などが記載されていた。また、預かっていた郵便貯金通帳1名分およびキャッシュカード2名分も紛失した。

今後は、被害に遭った個人情報を特定のうえ、該当者に謝罪して適切な対応を講じるとともに、早急に地域機関の所長を招集し、個人情報の管理体制を徹底するよう指示するとしている。

(Security NEXT - 2005/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け