Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャストシステム、個人情報を黒塗り処理する行政機関向け「一太郎」を開発

ジャストシステムは、官公庁や地方自治体向け日本語ワードプロセッサ「一太郎ガバメント2006」を2006年2月に発売すると発表した。

同製品は、公用文ルールに則った正確な文書を効率的に作成できる入力支援機能を備えた行政機関向けワープロソフト。情報を安全に取り扱うためのセキュリティ機能を搭載した。

セキュリティ機能では、個人情報や特定固有名詞などを、個体名抽出技術により自動的に抽出し、重要情報に黒塗り処理を行う「個人情報マスキング機能」を搭載。そのほか、コマンドメニューには「すかし保存」や「改ざん禁止保存」のコマンドなども装備した。

(Security NEXT - 2005/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性