Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

埼玉県の自動車ディーラーがFAX誤送信 - メモのミスで

埼玉ダイハツ販売は、大宮店にてFAX誤送信により顧客の個人情報流出があったと発表した。

任意保険の車両入れ替えを行う際、代理店に車検証内容を送信すべきものを類似のFAX番号の第三者へ送付してしまったという。含まれる個人情報は、住所や氏名、登録番号など。流出件数は1件のみだった。

保険代理店から連絡を受けた際、事務スタッフがFAX番号をメモしていたが、メモの内容が誤っていたという。同社では顧客へ事情を説明。また、誤送信したFAXはすでに回収しており、二次流出はないとしている。

(Security NEXT - 2005/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも