Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マークエニー・ジャパン、共有フォルダ内のファイルを暗号化する新製品

マークエニー・ジャパンは、データ暗号化による情報漏洩対策ソリューション「Folder SAFER」を発売した。

同製品は、Windows Serverの共有フォルダごとに電子データの暗号化ができるソリューション。共有フォルダ内のファイルを暗号化できるほか、暗号化したファイルを利用すると、操作記録がサーバ内に保存される。

また、印刷や編集、保存、コピー&ペースト、画面キャプチャなど、利用権限を設定でき、情報漏洩などを防止できる。

(Security NEXT - 2005/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も