Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マークエニー・ジャパン、共有フォルダ内のファイルを暗号化する新製品

マークエニー・ジャパンは、データ暗号化による情報漏洩対策ソリューション「Folder SAFER」を発売した。

同製品は、Windows Serverの共有フォルダごとに電子データの暗号化ができるソリューション。共有フォルダ内のファイルを暗号化できるほか、暗号化したファイルを利用すると、操作記録がサーバ内に保存される。

また、印刷や編集、保存、コピー&ペースト、画面キャプチャなど、利用権限を設定でき、情報漏洩などを防止できる。

(Security NEXT - 2005/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化