Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

松下電工、不正入室者にパソコンを利用させない入退室管理ソリューション

松下電工は、入退室管理システム「統合型セキュリティシステムe-SG」とソリトンシステムズ製の認証セキュリティシステム「SmartOnNEO」を連携させる連携用サーバーを開発、情報漏洩を防止するセキュリティシステムを10月21日に発売する。

同製品では、入退室管理とパソコンログオンのシステムを連携させることができ、非接触ICカードで正しい入室操作を行わないと、パソコンのログオンを拒否し、不正入室社によるパソコン利用を防止することができる。

同社では、オフィスビルやテナント入居企業、工場、コールセンターなどを対象に提供する予定。価格はオープンプライス。

(Security NEXT - 2005/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ