Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

松下電工、不正入室者にパソコンを利用させない入退室管理ソリューション

松下電工は、入退室管理システム「統合型セキュリティシステムe-SG」とソリトンシステムズ製の認証セキュリティシステム「SmartOnNEO」を連携させる連携用サーバーを開発、情報漏洩を防止するセキュリティシステムを10月21日に発売する。

同製品では、入退室管理とパソコンログオンのシステムを連携させることができ、非接触ICカードで正しい入室操作を行わないと、パソコンのログオンを拒否し、不正入室社によるパソコン利用を防止することができる。

同社では、オフィスビルやテナント入居企業、工場、コールセンターなどを対象に提供する予定。価格はオープンプライス。

(Security NEXT - 2005/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット上行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
叙勲候補者の個人情報をメール誤送信 - 愛知県
ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信