Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

営業車盗難で一時顧客情報を紛失 - 新栄住宅

新栄住宅は、営業車が盗難被害に遭い、車内の個人情報が記録された書類を一時紛失したと発表した。その後、車とともに書類は回収されている。

同社によれば、福岡市内の同社モデルルーム敷地内においてあった営業車が、社員が離れた間に盗まれ、車内にあった氏名や住所、電話番号など、410名分の個人情報が記載された「営業用記録ノート」を紛失した。

同社では、事故直後に被害届を警察へ提出。顧客へ謝罪状を送付していた。また、事故原因の究明や再発防止策を進めていたところ、8月10日に警察より連絡があり、久留米市内において盗難車を発見し、あわせて同書類を回収したという。同社では、回収した旨、顧客へ文書にて報告している。さらに、事件発生より1カ月後に再度経過報告を行う予定。

同社では、研修会の実施や車両の管理手順やノートの持ち出し基準の策定、定例監査など、セキュリティを強化していくとしている。

(Security NEXT - 2005/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート