Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非接触ICカードに対応、情報漏洩を防止する印刷認証システムを発売

富士ゼロックスプリンティングシステムズは、非接触ICカード「FeliCa」への対応を実現した情報漏洩対策用ソフトウェア「iPrinting.Secu@ 認証印刷システム for DocuPrint 2.0」を、2005年9月21日より発売する。

同製品は、文書出力前にユーザー認証を行なうことで、文書からの情報漏洩を防ぐ印刷システムの最新版。従来の接触式ICカードへの対応にくわえ、非接触式のFeliCaに対応することにより、カードリ?ダーにかざすだけで認証が可能となった。

1枚のカードで複数の用途に共通で対応できるFeliCaを採用することで、管理の煩雑さを軽減することができる。また、パソコン1台から導入可能なソリトンシステムズのセキュリティソフトウェア「SmartOnSolo」とも連携可能で、ニーズに合わせたセキュリティ環境の構築が実現できる。

(Security NEXT - 2005/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も