Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、8月のトップ10ウイルスを発表 - 「Mytob」亜種が54%を占める

ソフォスは、2005年8月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、トップは先月に引き続き「Netsky-P」となったものの、全体としては「Mytob」ワームの亜種が7種類トップ10入りし、報告数の54%を占めるなど、依然として広くまん延している。また、Windowsのセキュリティホールを悪用した「Zotob」ワームも、チャートには入らなかったが、今後も注意が必要だとしている。

同社によれば、8月のチャートにリストアップされた脅威は先月に比べてインパクトは少なく、犠牲者も減っているという。しかしこの傾向は、休暇でコンピュータの電源が切られていたため感染が減っただけだとして、油断せず適切な対策を続けるよう求めている。

同社では、8月に1626件の新規ウイルスを検知、駆除対応した。同社の統計では、8月に使用されたメールのうち1.99%がウイルスメールで、これは先月に比べて若干減少している。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Netsky-P
W32/Mytob-AS
W32/Mytob-BE
W32/Zafi-D
W32/Zafi-B
W32/Mytob-C
W32/Mytob-EP
W32/Mytob-CX
W32/Netsky-D
W32/Mytob-CJ

(Security NEXT - 2005/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大