Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、データベースの脆弱性を診断するサービスを提供

ラックは、データベースシステムのセキュリティ対策状況を診断するとともに、問題があった場合の対策を提案する「データベースセキュリティ対策診断サービス」の提供を開始した。

同サービスは、データベースシステムを不正な操作から守るため、専門家がセキュリティ対策状況を診断し、対策を提案するもの。問診票によるヒアリング、およびデータベースシステムの設定の調査を行って現状を把握した後、顧客のセキュリティポリシーに即した改善計画書を作成する。

価格は、すべての診断内容および工程を実施するもので400万円から。データベースそのものに焦点を絞った簡易診断は200万円から。ツールによる簡易調査を行うスピード診断は80万円からとなっている。なお、同サービスは日本オラクル製のデータベースを対象としているが、今後はサービス対象を拡大する予定。

(Security NEXT - 2005/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も