Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

音楽プレイヤーのワーム混入は50台未満 - クリエイティブメディア

クリエイティブメディアは、携帯音楽プレイヤーにワームが混入した事故で、影響を受ける台数や今後の対策を公表した。

今回の事故は、出荷準備中や7月下旬以降に製造出荷されたデジタルオーディオプレーヤーの「Creative Zen Neeon」にワーム「W32.Wullik.B@mm」が混入したもの。同社では店頭や流通段階のロットを回収しており、実際に影響を受ける可能性があるのは50台未満だとしている。また、9月1日現在、2台の混入を確認されている。

ワームは新種でないため、各社ウイルスソフトで駆除できるほか、同社では対応策をホームページ上で公表している。また、9月1日より相談窓口を開設している。

同社では、すでに障害のあるシステムについて修正し、作業手順も同様に問題ないことを確認したという。また、テストやコンプライアンスの強化を徹底するほか、品質監査の頻度を増やしていく計画。

(Security NEXT - 2005/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究