Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秋田銀行、データ誤登録で457件の口座情報を流出

秋田銀行は、顧客の口座情報457件を、誤って別の取引先企業2社のデータに登録していたことが判明したと発表した。

同行によれば、8月9日に、取引先より「ファームバンキングデータの中に覚えのないデータが登録になっている」との連絡があった。ただちに調査したところ、取引先2社のファームバンキングにデータを登録する際に、誤って別の取引先のデータが一部登録されていたことが判明した。

誤登録されたのは口座情報457件で、銀行名、支店名、預金種目、口座番号、カタカナ受取人名など。同情報はすでに削除、および破棄されているという。誤登録の対象となった顧客に対しては、個別に書面を送付して経緯説明と謝罪をした。同行では、顧客情報の管理体制を強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正