Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秋田銀行、データ誤登録で457件の口座情報を流出

秋田銀行は、顧客の口座情報457件を、誤って別の取引先企業2社のデータに登録していたことが判明したと発表した。

同行によれば、8月9日に、取引先より「ファームバンキングデータの中に覚えのないデータが登録になっている」との連絡があった。ただちに調査したところ、取引先2社のファームバンキングにデータを登録する際に、誤って別の取引先のデータが一部登録されていたことが判明した。

誤登録されたのは口座情報457件で、銀行名、支店名、預金種目、口座番号、カタカナ受取人名など。同情報はすでに削除、および破棄されているという。誤登録の対象となった顧客に対しては、個別に書面を送付して経緯説明と謝罪をした。同行では、顧客情報の管理体制を強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン