Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一般ユーザーからウイルス情報を募集「ウイルスハンタープロジェクト」 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、同社製品のユーザー以外からもウイルスと疑わしきファイルを受け付け、解析を行ってパターンファイルへの対応を検討する「ウイルスハンタープロジェクト」を開始した。

同プロジェクトは、これまで同社製品のユーザーのみを対象としていたウイルス検体の受け付けを、同社製品を利用していない一般ユーザーにも広く求めることにより、インターネット全体のセキュリティレベルを向上させようというもの。受け付けた検体は解析を行い、その結果新種のウイルスであった場合には、同社のパターンファイルにて対応するという。

新規窓口を設置して、郵送にてウイルス検体の一般受付を開始するとともに、2006年第1四半期には、貢献度の高い協力者とウイルス解析者などとの交流会を開催する予定だとしている。

(Security NEXT - 2005/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE