Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビック東海、メール運用サービスに迷惑メール対策機能を追加

ビック東海は、スパムメールやフィッシングメールなどの迷惑メールをブロックするサービス「OneOffice SPAM Filtering」の提供を開始した。価格は、1メールアカウントあたり月額100円。

同サービスは、メールシステム運用に特化した企業向けASPサービス「OneOffice Mail Solutionシリーズ」の第3弾。同社のデータセンター内で、24時間365日体制で専門家による各種メールシステムの運用を行っている。

大容量メールボックスおよびアンチウイルス機能を持つ「OneOffice Mail」や、メールの全件保存と添付ファイルも含めた全文検索機能を実現する「OneOffice Mail Storage」と合わせて利用することにより、迷惑メールやウイルス、情報漏洩など各種リスクの軽減を実現することができる。

(Security NEXT - 2005/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK