Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドットコモディティ、メールシステムの不具合により13件の顧客情報を流出

オンライン商品先物取引会社のドットコモディティは、メールソフトの誤操作により、13件の顧客情報を添付したメールを送信したと発表した。

同社によれば、8月16日の取引終了後、顧客へメールを配信している際、顧客より「他人の書類が添付されて送られてきている」と連絡を受けた。ただちにメール配信を停止して調査を重ねた結果、8月25日に13件の情報流出を確認した。流出した情報は、顧客の住所、氏名、および8月16日時点の取引状況と預り証拠金残高など。

流出の原因として同社では、メール配信ソフトの操作に複数の担当責任者が関わり、その結果送信システムが二重に起動するという不具合が発生したためだとしている。今後はメールソフトの操作方法を改善するとともに、個人情報が含まれる各種案内はメールではなく、顧客自らが個別に確認できるよう、トレードツールのシステム変更を行うとしている。

(Security NEXT - 2005/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも