Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛知県中央信用組合、書類の誤郵送で個人情報を流出

愛知県中央信用組合は、4名の個人情報が記載された書類を、信販会社に郵送すべきところを誤って別法人へ送ったと発表した。

同組合によれば、誤郵送した書類はローン取引に関わる書類で、別法人に郵送する書類に紛れ込んだまま、気付かずに郵送してしまったという。同書類には4名分の氏名、取引支店名、保証番号などが記載されていた。書類はすでに回収済みだという。

同組合ではこれまで、郵便物の発送は1名で行っていたが、今後は2名で行って発送時の再確認を徹底するとともに、個人情報の管理体制を強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力