Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛知県中央信用組合、書類の誤郵送で個人情報を流出

愛知県中央信用組合は、4名の個人情報が記載された書類を、信販会社に郵送すべきところを誤って別法人へ送ったと発表した。

同組合によれば、誤郵送した書類はローン取引に関わる書類で、別法人に郵送する書類に紛れ込んだまま、気付かずに郵送してしまったという。同書類には4名分の氏名、取引支店名、保証番号などが記載されていた。書類はすでに回収済みだという。

同組合ではこれまで、郵便物の発送は1名で行っていたが、今後は2名で行って発送時の再確認を徹底するとともに、個人情報の管理体制を強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性