Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯ミュージックプレイヤーにウイルスが混入 - クリエイティブメディア

クリエイティブメディアは、出荷準備中および7月下旬に製造、出荷されたデジタルオーディオプレーヤー「Creative Zen Neeon 5GB」に ワーム「W32.Wullik.B@mm」が混入している可能性があると発表した。

原因は、同製品の最終パッキング作業工程の複数のオフラインシステム上で発生したため。同社では、生産ラインについては修正を終えたが、現在同製品の出荷を停止し、流通段階にある該当ロットを回収している。

同社では、該当ロットは、全世界においては同時期に製造出荷された総数の1パーセント未満としており、日本への出荷割り当て約3700台のうち5%以下に混入のおそれがあるとしている。

該当ロットのシリアル番号は、「M1PF1230528000001M」から「M1PF1230533001680Q」まで。該当製品が手元にあるユーザーは、ワームの有無を確認した上で、駆除してほしいとアナウンスしている。混入の確認方法は同社サポートページを参照のこと。

ワームは、2年近く前に発生したもので、ほとんどのアンチウイルスソフトが対応している。同社広報によれば、今回の混入はユーザーの報告により判明したもので、29日14時の時点でワームへの感染被害などは寄せられていないという。

(Security NEXT - 2005/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト