Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、メール誤送信で顧客170名のアドレス流出

東京電力は、東京支店品川支社において、商品紹介のメールを送信する際、誤操作により顧客170名の氏名およびメールアドレスを流出したと発表した。

同社によれば、8月15日に商品を紹介するメールを顧客170名に送った際、送信先のメールアドレスを表示しないように設定すべきところを、誤って氏名およびメールアドレスが互いに知りうる状態で送信したという。翌日、送信先からの指摘で判明した。

事実確認後、該当する顧客にメールで謝罪するとともに、同メールの削除を依頼した。また、個別に電話連絡をして、改めて謝罪と事実説明を行った。同社では、再発防止に向けてさらなる適正管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング