Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、メール誤送信で顧客170名のアドレス流出

東京電力は、東京支店品川支社において、商品紹介のメールを送信する際、誤操作により顧客170名の氏名およびメールアドレスを流出したと発表した。

同社によれば、8月15日に商品を紹介するメールを顧客170名に送った際、送信先のメールアドレスを表示しないように設定すべきところを、誤って氏名およびメールアドレスが互いに知りうる状態で送信したという。翌日、送信先からの指摘で判明した。

事実確認後、該当する顧客にメールで謝罪するとともに、同メールの削除を依頼した。また、個別に電話連絡をして、改めて謝罪と事実説明を行った。同社では、再発防止に向けてさらなる適正管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2005/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始