Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サン、無線ICタグ対応のキャビネットシステムを発売

サン・マイクロシステムズは日本信号と協力し、無線ICタグを用いたオフィスキャビネットシステム「Sun Ray データセキュリティオフィス」を発売した。

同製品は、機密性の高い書類や重要情報が保存されたノートパソコン、CD、DVDなどの、社員による持ち出しを管理するシステム。無線ICタグの個体識別能力を利用して、書類ファイルの所在を素早く検索するほか、個々の書類ファイルにアクセス権を付与して、ユーザーごとの持ち出し管理を行う。

書類ファイルは、日本信号の「IS-Cabinet」で24時間監視され、不正持ち出しが発生した時は警報を鳴らして警告する。価格は、最小構成で120万円からとなっている。

(Security NEXT - 2005/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ