Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク侵入前にスパムを食い止めるアプライアンス - シマンテック

シマンテックは、スパムメールが企業などのネットワークへ到達する前に食い止めて、スパム全体の量を抑制するアプライアンス「Symantec Mail Security 8100シリーズ」を発表した。8月中に発売の予定。

同製品は、大企業やISPを対象としたアプライアンス。不要なメールがネットワークへ流れる前に、その量を激減させる。クライアント側でメールをチェックするフィルタではなく、ネットワークへ流れるメール全体の量を削減可能であり、1台のアプライアンスで最大75万件のユーザーアカウント、1日3500万通以上のメールを保護することができるという。

同製品を導入すると、送信元評価と統計データが自動的にダウンロードされ、アプライアンスは常に最新の状態に保たれる。また、管理者はブラウザを使ってアプライアンスを管理し、各種のパフォーマンス統計値をリアルタイムダッシュボードの形で一覧表示することができる。

(Security NEXT - 2005/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ