Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日仏文化協会、メール誤配信によりメールアドレスが流出

日仏文化協会は、8月12日に顧客へウェブサイトのリニューアルを知らせるメールを配信した際、操作ミスにより他の配信先も確認できる形で送付したと発表した。

メール配信先は1095名。16回にわけて送信しており、いずれも送信先メールアドレスが確認できる状態だったという。同社では、同報配信する場合はBCCにて送付するよう取り決めがあったが、不注意により宛先に入力してしまい、さらに上司が確認作業を怠ったため、発生したとしている。

同社では、メール受信者全員に対して謝罪メールを送付、メールを削除するよう依頼した。その後、メールや電話によるメール配信の停止、個人情報の削除依頼などクレームが寄せられた。同社では、希望者の情報をデータベースから削除し、顧客に対ししては郵便にて報告した。

同社では、再発防止策として、社内規定や管理体制の見直しを図るとしており、今後の対応策についてはホームページ上で順次公開していくとしている。

(Security NEXT - 2005/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る