Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護法への対応を自己診断 - NTTデータ経営研究所ら

NTTデータ経営研究所とメトロジーは、個人情報保護法への対応状況をインターネット上で自己診断できる「個人情報保護法対応Web簡易診断サービス」の提供を開始した。

同サービスは、企業における個人情報保護法への対応状況を、60項目の設問に回答することにより自己診断するもの。診断結果を物理的対策、人的対策、技術的対策の3つの側面で評価し、全体の対策バランスおよび各分野における対策バランスを判定する。

「個人情報保護法」や「個人データ管理」、「教育・不正防止」など10の診断分野ごとに各対策の達成度を判定して、十分な対策がとられていない箇所には改善へのアドバイスを提供する。価格は2万1000円で、31日間利用できる。

(Security NEXT - 2005/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト