Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

積水ハウス、3件の個人情報流出事故を公表 - なりすましによる詐取も

積水ハウスは、7月に3件の個人情報紛失事故が発生したと発表した。

同社によれば、最初の事故は7月5日で、中部地区の社員が車上荒らしに遭い、顧客情報が記載された手帳を紛失したという。顧客の住所や氏名、電話番号など、30件の顧客情報が含まれていた。

さらに7月15日、近畿地区の同社事業所へ同社社員の実名を騙る人物より電話があり、氏名や住所、商品名、床面積、請負金額、引き渡し日など顧客情報2件が聞き出される被害にあったという。その後なりすましであることが判明した。

また、7月22日に、同社中部地区の社員が展示場の引き合いカード147枚を搬送途中、車を修理に出すため、駐車場でいったん降ろしたところ、そのまま忘れたという。カードには氏名や住所、電話番号が記載されていた。紛失したカードはその後拾得物として警察へ届けられ、回収された。

いずれも事故判明後、同社では該当する顧客へ責任者が事情を説明したとしている。今後は、営業車内へかばんなどを放置しないことや、電話を折り返すことによる社員の確認、多数の個人情報を扱う作業中に他の業務を入れないなど、再発防止策を進めるという。

(Security NEXT - 2005/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増