Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

積水ハウス、3件の個人情報流出事故を公表 - なりすましによる詐取も

積水ハウスは、7月に3件の個人情報紛失事故が発生したと発表した。

同社によれば、最初の事故は7月5日で、中部地区の社員が車上荒らしに遭い、顧客情報が記載された手帳を紛失したという。顧客の住所や氏名、電話番号など、30件の顧客情報が含まれていた。

さらに7月15日、近畿地区の同社事業所へ同社社員の実名を騙る人物より電話があり、氏名や住所、商品名、床面積、請負金額、引き渡し日など顧客情報2件が聞き出される被害にあったという。その後なりすましであることが判明した。

また、7月22日に、同社中部地区の社員が展示場の引き合いカード147枚を搬送途中、車を修理に出すため、駐車場でいったん降ろしたところ、そのまま忘れたという。カードには氏名や住所、電話番号が記載されていた。紛失したカードはその後拾得物として警察へ届けられ、回収された。

いずれも事故判明後、同社では該当する顧客へ責任者が事情を説明したとしている。今後は、営業車内へかばんなどを放置しないことや、電話を折り返すことによる社員の確認、多数の個人情報を扱う作業中に他の業務を入れないなど、再発防止策を進めるという。

(Security NEXT - 2005/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
元従業員が取引先情報を無断持出 - システム開発会社
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討
「Oracle Tuxedo」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に