Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

十八銀行、顧客情報記載の資料を誤交付

十八銀行は、城山支店において、取引先へ書類を渡す際、17件の顧客情報が記載された内部資料が誤って混入していたことが判明したと発表した。

同行によれば、7月13日に同支店窓口において書類を渡す際、誤って内部資料を混入させてしまった。その後7月21日に誤交付先から連絡があり、判明した。誤って混入されたのは、口座振替コメント明細11枚で、個人16件、法人1件の氏名、口座番号、引落金額などが記載されていた。同資料はすでに回収済みだという。

同社では、該当する顧客に対し経緯説明および謝罪をした。また、書類を渡す際には面前で名前や書類の内容などを再度確認するなど、顧客情報の取扱いについて再度徹底し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究