Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

帝人ファーマ、医師の個人情報入りノートPC盗まれる

帝人ファーマは、個人情報が保存されたノートパソコン1台が盗難被害に遭ったと発表した。

同社によれば、8月9日18時過ぎに、愛知県の医療機関を担当する同社社員の営業車の窓が破壊され、ノートパソコンが盗まれたという。同社では、事件直後に警察へ被害届を提出した。

パソコンには、愛知県の医師317名分の氏名や勤務先に関する情報が保存されていた。パソコンは暗号化されており、第三者が容易にアクセスできないとしている。

(Security NEXT - 2005/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM