Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友カード、セキュリティ強化策を発表

三井住友カードは、キーロガーやフィッシングを防止するため、インターネット関連サービスにおけるセキュリティ対策を8月15日より順次強化すると発表した。

同社では、手はじめにNTTコミュニケーションズの「nProtect Netizen」を導入。利用者はクラインPCへインストールし、同社ホームページにアクセスする際に起動させることで、「ウィルスへの感染」を防止できるという。また、キー入力の内容を自動的に暗号化するため、スパイウェアによる個人情報の詐取を防止できるとしている。

また同社では、2005年下半期にハンドルネームの導入を予定している。同社では利用者と同社のみが知りうるハンドルネームを設定し、メールサービスなどに利用することで、フィッシングメールの見分けが可能になるとしている。

(Security NEXT - 2005/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出