Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NS総研、米カード情報流出事件を総括したPDFレポートを無料提供

ネットアンドセキュリティ総研は、同社が運営するセキュリティポータルサイト「NetSecurity」において、米国のクレジットカード情報流出事件を総括したPDFレポートを、8月23日までの期間限定で無料配布する。

同レポートは、2005年6月17日に明らかになった、米国の大手クレジットカード情報の流出事件について、同サイトに掲載された速報記事および特集記事を総括し、独自の視点による考察をまとめたもの。これにより、事件の詳しい経緯を知ることができる。

レポートのタイトルは「米大手クレジットカード情報 約4000万件流出事件?完全総括?史上最悪のカード情報漏洩事件 錯綜する情報と対応?」。なお、期間中にPDFファイルをダウンロードすると、抽選で500名に、NetSecurityのセキュリティ商品が50%オフで購入できる「SCANディスカウントチケット」が当たる。

(Security NEXT - 2005/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも