Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、セキュリティ更新プログラムを公開 - 「緊急」3件を含む6件

マイクロソフトは、「Internet Explorer」や「印刷スプーラ」などに脆弱性が見つかったとして、月例の更新プログラムを公開した。深刻度が最も高い「緊急」が3件、「重要」が1件、「警告」が2件となっている。

今回公開された月例パッチでは、 Internet Explorerや印刷スプーラ、プラグアンドプレイにおいてリモートでコードが実行される脆弱性が発見されたという。

さらに、リモートデスクトップでサービス拒否に陥る脆弱性や情報漏洩の可能性もあるKerberosの脆弱性などが含まれる。同社では、Microsoft UpdateやWindows Updateなどにより、更新プログラムを早急にインストールするよう求めている。

また、「Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (896727) (MS05-038)」については、当初公開していたセキュリティ更新プログラムが破損していたという。影響があるのは、System Management Serverおよび Internet Explorerからインストールした場合で、以前のプログラムだとインストールに失敗するおそれがあるため、再適用するようアナウンスしている。

なお、自動更新、Windows Update、Microsoft Update、Software Update Services、Windows Server Update Servicesからダウンロードしている場合は影響を受けないため、更新プログラムをあらたに適用する必要はない。

(Security NEXT - 2005/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上