Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、セキュリティ更新プログラムを公開 - 「緊急」3件を含む6件

マイクロソフトは、「Internet Explorer」や「印刷スプーラ」などに脆弱性が見つかったとして、月例の更新プログラムを公開した。深刻度が最も高い「緊急」が3件、「重要」が1件、「警告」が2件となっている。

今回公開された月例パッチでは、 Internet Explorerや印刷スプーラ、プラグアンドプレイにおいてリモートでコードが実行される脆弱性が発見されたという。

さらに、リモートデスクトップでサービス拒否に陥る脆弱性や情報漏洩の可能性もあるKerberosの脆弱性などが含まれる。同社では、Microsoft UpdateやWindows Updateなどにより、更新プログラムを早急にインストールするよう求めている。

また、「Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (896727) (MS05-038)」については、当初公開していたセキュリティ更新プログラムが破損していたという。影響があるのは、System Management Serverおよび Internet Explorerからインストールした場合で、以前のプログラムだとインストールに失敗するおそれがあるため、再適用するようアナウンスしている。

なお、自動更新、Windows Update、Microsoft Update、Software Update Services、Windows Server Update Servicesからダウンロードしている場合は影響を受けないため、更新プログラムをあらたに適用する必要はない。

(Security NEXT - 2005/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町