Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

休暇前にセキュリティ設定の再確認を - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、夏期の長期休暇に入る前に企業などが実施すべきセキュリティ対策を挙げて、注意を呼びかけている。

同機構では、休暇前にセキュリティの設定を確認するよう求めている。確認事項としては、使用しているOS、アプリケーションのバージョンアップと修正プログラムの適用、ウイルス定義ファイルのバージョンおよび更新頻度の設定、バックアップの実施、不測の事態が発生した時の緊急連絡体制などを挙げている。

また、休暇中にあらたな脆弱性情報や新種のウイルスが発見されている場合もあるので、休暇明けには、業務に入る前に修正パッチの適用およびウイルス定義ファイルの更新を行うとともに、持ち出していたパソコンなどのウイルスチェックも合わせて実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK