Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旺文社DI、家庭向けネチケット指導教材を発売

旺文社デジタルインスティテュートは、家庭教育向けネチケット指導教材「考えてみよう!ネチケット」と、家庭向けURLフィルタリングソフト「InterSafe Personal」を組み合わせたパッケージソフト「ISAM」を、8月10日より発売する。

同製品は、静岡大学情報学部、堀田龍也助教授との連携により制作した家庭教育向けネチケット指導教材と、アルプス システム インテグレーションより販売されているURLフィルタリングソフトを組み合わせたパッケージソフト。

指導教材では、アダルトサイトなど、不適切なサイトに出会った場合の対処方法や、ダイレクトメールやフィッシングサイトなどの危険性について説明している。また保護者向けに、子どもに対するネチケットの指導について解説している。価格は、7140円。

(Security NEXT - 2005/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP