Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ターゲットを特定した攻撃が増加 - トレンドマイクロ7月度レポート

トレンドマイクロは、日本国内における、2005年7月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートによれば、7月のウイルス感染被害の総報告数は2295件で、6月の2490件から大きな変化はない。しかし、個々のウイルスに対しての問い合わせ数が減少していることから分かるように、ウイルス被害は不特定多数への大規模感染タイプから、特定の対象を狙った犯罪的な被害へとシフトしてきている。

特に金銭詐取を目的としたピンポイントの攻撃は、今後も増加する恐れがあるという。7月にはオンラインバンクの不正引き出し事件が発生したが、この事件では、オンラインバンクのウェブサイトで入力された口座番号やパスワードなどの情報を収集し、外部へ送信するウイルス「TSPY_BANCOS.ANM」が利用された。同ウイルスには自身をメール送信するワーム機能はないことからも、犯人がターゲットを限定していることが分かるという。

(Security NEXT - 2005/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ