Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護法へ対策を取っている中小企業は約2割 - 京都

京都市は、同市内の中小企業を対象に個人情報保護法に関する調査を実施し、結果を公表した。

今回の調査では、800社に対して郵送でアンケートを送付。473社が回答した。個人情報保護法へ「対策を取っている」との回答はわずか19.2%に留まり、「現段階では対策を取っていない(42.4%)」「対策を取っていない(38.4%)」と対策の遅れが浮き彫りとなった。

経営に影響があると考える企業は約1割と低い結果となった。一方で影響があるとした企業の半数以上はすでに対策を取っており、,今後検討予定の企業と合わせると,9割以上の企業が対策を取ったり、今後対策する予定にあるという。また、影響がないとする企業も67.1%に上ったが、6割以上が何らかの対策を取っているか、今後の対策が必要との考えを持っている。

対策については、従業員の教育が73%でトップ。盗難の防止が34.2%、利用目的の公表が23.6%と続いた。

(Security NEXT - 2005/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず