Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、ウェブサイトの安全対策を総合的に提供する新サービス

ラックは、ネットビジネスに必要な安全対策を総合的に提供する新サービス「セキュアサイト」の提供を開始した。また、顧客のウェブサイトについて安全を保証する「安全認定」サービスを開始する。

同サービスでは、ネットビジネスの立上り時や拡大時など、状況にあわせたサービスを提供するもので、立ち上げ時には短期間で安全なウェブサイトを、ビジネスの拡大時には、設計、プログラム開発、品質検査、運用の各工程など、開発を行う。

さらに同社では、安全を保証するサイトに対して「安全認定」を実施し、証明をサイトに掲載できるサービスを提供する予定。

(Security NEXT - 2005/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超