Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京都、バナー広告で架空請求への注意喚起

東京都生活文化局は、警視庁などと協力して、架空請求による被害を減らすための「STOP!架空請求!キャンペーン」を開始した。

同キャンペーンでは、@nifty、BIGLOBE、OCNのグラビアページなどに、8月31日までバナー広告を掲載する。キャンペーンキャラクターの「KAMOKAMO」が「無料」と書かれている画像をクリックしたところ、突然利用料金を請求されてがっくり膝をつく、という内容の画像で、安易なクリックへの注意を喚起する。

また、キャンペーン用のホームページを開設するとともに、ゲームセンター、インターネット喫茶、まんが喫茶、カラオケ店、携帯電話事業者のショップなどにポスターを掲載して、架空請求対策への啓蒙を行う。

(Security NEXT - 2005/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ