Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天市場の店舗から流出した個人情報、284件に

楽天は、楽天市場に出店している店舗から個人情報が流出した事件について、7月28日時点で確認できた流出件数は、161件増えて284件になったことを明らかにした。一部新聞は、同社の漏洩について最高10万件におよぶ可能性があると報じている。

同社によれば、新たに流出が確認された情報についても、センターロードが経営する店舗「AMC」1店舗に限られ、その他の店舗については流出は確認されていない。またこれまで調査した結果、同社内部から流出した可能性は限りなく低いとの結論に達したとしている。

クレジットカードに関しては、8月請求分を含め不正使用の可能性の有無について調査を行うとともに、今後の発生の防止のために、カード会社各社に対し監視を依頼したという。また一部報道で、流出した個人情報が暴力団の資金源になっている、或いは大量の不正使用の可能性があると報じられているが、これらの報道についての事実関係は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2005/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市