Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、偽造ソフトウェア対策プログラムを運用開始

マイクロソフトは、試験運用を実施していた正規Windows推奨プログラム「Windows Genuine Advantage」の正式運用を開始し、バージョン1.0として全世界に提供すると発表した。

同プログラムは、同社が従来から実施している偽造ソフトウェア防止対策の一環として提供されるもので、利用しているパソコンが正規のWindowsソフトウェアで稼働しているかどうかをチェックするプログラム。ユーザーには、更新プログラムやプレミアムソフトウェア製品の提供などを含む、正規Windowsのメリットを提供したいとしている。

Windowsの更新プログラム 、およびMicrosoftダウンロードセンターを利用する際、同プログラムによるライセンスの確認が、初回アクセス時に必要になる。また、Windows XP ProfessionalあるいはHome Editionの偽造ソフトウェアを知らずに購入してしまったユーザーを対象に、救済策を提供する。

(Security NEXT - 2005/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
サイトに不正アクセス、会員の個人情報が流出か - 鉄道総研
個人情報含むHDD紛失で職員を処分 - 大阪の消防組合
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に