Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフー、メールの送信元ドメインを認証する技術を導入

ヤフーは、同社のメールサービス「Yahoo!メール」に、フィッシングやなりすましの防止を目的として、メールの送信元のドメインを認証する技術「DomainKeys」を導入した。

同技術の導入により、メールを送信する際、暗号化された電子署名が自動的に添付される。そのメールを受信するサーバは、受信の際に、添付された署名の内容が送信者欄に記されたドメインのものであるかを照合する。

送信元アドレスを偽装したフィッシングメールや迷惑メールは正しい署名を添付できないため、偽装メールと判断することができる。同社では2005年8月末をめどに、全てのメールに電子署名が添付されるようにする。また受信メールをウェブ上で確認する際、電子署名が添付されているか表示するなどの機能拡張を実施する予定だとしている。

(Security NEXT - 2005/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション