Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユニアデックス、不正持ち込みPCを排除する検疫ソリューションを発売

ユニアデックスは、企業が定めるセキュリティポリシーに違反しているパソコン、および不正に設置された無線アクセスポイントなどを企業内ネットワークから排除する「自己防衛型検疫ソリューション」を、2005年7月21日より発売する。

同ソリューションは、企業が定めたセキュリティポリシーに違反しているパソコンをネットワークから隔離するとともに、不正に設置された無線アクセスポイントやウイルスなどを常時監視、排除することにより、社内ネットワークを保護するもの。

有線LAN、無線LANの接続種類を問わず、認証基盤と認証後のアクセスコントロールを一元的に管理する機能により、セキュリティ強度の格差をなくし、管理しやすいセキュリティ環境が構築できる。また、侵入検知ツールやアンチウイルス製品など、各種セキュリティ対策ツールとの連携も可能。

(Security NEXT - 2005/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず