Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、WindowsやOfficeの更新を一括提供

マイクロソフトは、Microsoft WindowsやMicrosoft Officeの更新プログラムを一括提供する「Microsoft Update」を開始した。

同サービスは、これまで「Windows Update」や「Office Update」など、各製品のウェブサイトから提供していた更新プログラムを、単一のウェブサイトとユーザーインターフェイスを通じて一括提供するもの。

自動更新機能を利用することで、複数の製品から優先度の高い更新プログラムを自動的に適用することが可能。また、その他の更新プログラムについては、従来通りユーザーが任意で選択してインストールできる。なお、同サービスへの切り替えは自動的には行われず、ユーザーが任意で選択することにより利用可能となる。

(Security NEXT - 2005/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも