Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、バックアップ機能つきサーバサービスを提供

ニフティは、ハードウエア障害に対し耐障害性を向上させるバックアップ機能を付加した、法人向けホスティングサービス「@nifty専用サーバーサービス デュアルシステム」の提供を開始した。

同システムは、運用サーバおよびバックアップサーバの2台で構成されており、常時バックアップを行うほか、重大障害時にはバックアップサーバを運用サーバに切り替える。これにより、万一の障害が発生した場合や、長時間の停止を伴うメンテナンス作業の際でも、サーバの運用が可能となる。

利用料金は、合計80Gバイトのサーバ2台構成で、DNSコントロールによる障害時切り替えシステムも含み、初期費用が15万7500円、月額管理費が20万7900円からとなっている。

(Security NEXT - 2005/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応