Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットオークション3社、知的財産権侵害出品排除に向けたガイドラインを策定

ディー・エヌ・エー、ヤフー、楽天のインターネットオークション事業者3社は、知的財産権を侵害した出品の排除を目的とした「インターネットオークション自主ガイドライン」を策定した。

同ガイドラインは、インターネットオークションが知的財産権侵害品を流通させる手段として悪用されるのを防ぐために策定されたもの。権利を侵害している出品の削除基準や、出品者のID利用停止措置などを規定している。

また、権利者や捜査機関、および経済産業省などへの速やかな情報提供や、不正出品を落札したユーザーに対する相談窓口の設置なども規定している。さらに、今後も事業者間の協力体制を強化していくとしている。

(Security NEXT - 2005/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも